Sport Optics Guide フィールドスコープ - フィールドスコープの選び方

直視型と傾斜型で選ぶ

スコープ本体は、接眼レンズの取り付け位置が異なる、直視型(ストレートタイプ)と傾斜型(アングルタイプ)の2種類があります。

直視型の特長

スコープ本体に対して接眼レンズ取り付け部が、平行もしくは直線となる構造を持つタイプです。

直視型(ストレートタイプ)

直視型のメリット

接眼レンズと対象物が直線となるため、対象物にフィールドスコープをまっすぐ向けることで視野に捉えることができます。飛んでいる鳥なども目視で定めた方向に合わせることで捕捉しやすくなります。
三脚の高さを調整し、自分の目の位置にフィールドスコープの高さを合わせることで、より自然な姿勢で観察することができます。
車の中からフロントウインドウやドア越しに使用する場合、あるいは、茂みの上からの観察などが容易です。
眼視と同様、デジスコーピングの際もカメラのファインダーや液晶画面に対象物を捉えることが容易です。

傾斜型の特長

スコープ本体に対して接眼レンズ取り付け部が、角度の付いた構造を持つタイプです。

傾斜型(アングルタイプ)

傾斜型のメリット

高い場所の鳥などを観察する場合や、天体を観測するときに、無理な姿勢をとる必要がなく楽に観察ができます。
三脚を高くする必要がなく、より低く安定した状態で観察ができます。
椅子に座っての観察やスケッチ、さらにローアングルからの観察にも最適です。
直視型と異なり、接眼レンズを上から覗き込む姿勢で使用するため、身長の違う複数の人が交代で観察する場合でも、背の高さに合わせて三脚を調整する必要がありません。

Sport Optics Guide フィールドスコープ


フィールドスコープの基礎知識


フィールドスコープの選び方


フィールドスコープの使い方


Sport Optics Guide 双眼鏡