Sport Optics Guide 双眼鏡 - 双眼鏡の構造と光学技術

拡大の原理

双眼鏡は、対物レンズと接眼レンズの組み合わせによって、見る対象を拡大します。一般的に採用されるケプラー式は、対物側、接眼側ともに凸レンズが使われています。
対物レンズは遠方の対象物を実像Aとして目の前に結像させます。実像Aは接眼レンズにより虚像Bとして拡大され、その結果目の前にあたかも拡大された対象物があるかのように観察することが出来ます。
この場合、倒立した像を見ることになりますので、2つのレンズの間にプリズムを入れて反転させ、正立した像として見えるようにします。

Sport Optics Guide 双眼鏡


双眼鏡の基礎知識


双眼鏡の選び方


双眼鏡の使い方


双眼鏡の構造と光学技術


Sport Optics Guide フィールドスコープ